肥満と聞くと体重の増加であったり見た目であったり、体重や体験のことだけ気にしている方も多いと思います。もちろん、そういう体重や体型というのも肥満の目安ですが、実際に肥満とは体脂肪が必要以上に増加した状態のことをいいます。

人間の身体というのは水分と筋肉と脂肪で構成されており、体脂肪というのはエネルギーの貯蔵や内臓の保護といった役割を果たしている大事なものです。しかし、体脂肪が増加しすぎてしまうと、身体にとって悪い影響が出てきてしまいます。

そもそも、体脂肪というのはどうして増加するのかをご存知でしょうか。まず一つは加齢によって増加していきます。年齢を重ねると呼吸や心拍、消費エネルギーなどの基礎代謝が減りますが、それによって体脂肪が増加してしまいます。

基礎代謝に関して一番大きく関わっているのは筋肉ですが、筋肉も年齢を重ねると減っていきます。さらに運動をしなくなるので筋肉が現象することが促進されます。筋肉が減少しているのに、食事はほとんど変わらないことによってカロリー過多となって体脂肪として蓄積されるということになります。

若い頃と体重が変わらなくても、体脂肪が増えているという方は多いと思います。さらに忙しかったりで不規則な食生活をしているとより脂肪分を体内に蓄えようとしてしまいますので、これも体脂肪が増加する原因となります。

こういったことが続いて体脂肪がどんどん増加し、肥満状態になると命の危険になるほどの病気を引き起こしてしまう可能性もありますので、もし体脂肪が基準値より多いという方は体脂肪を減らすように考えてみることが大切です。
もっと詳しく⇒関節痛に効くサプリメント